キャッチ文書

★★★ おかげさまで結成15年目を迎えました ★★★

活動成果

犯罪減少効果

松原1丁目〜6丁目の空き巣、窃盗強盗、引ったくり犯罪件数が下記の推移で減少しました。

  • 平成13年度 537件
  • 平成14年度 224件(前年比303件減)
  • 平成15年度 125件(前年比99件減)
  • 平成23年度 15件(10年で減少率97.15%)

資産価値がアップしました。

BBC、NHKほか国内テレビ全局、ニューヨークタイムス、ヘラルドトリビューン、国内新聞週刊誌全紙など、マスコミに取り上げられ、安全安心の街づくりが評価された結果、平成19年4月の京都大学不動産研究所の発表にて、犯罪が10%減少すると、その街の地価が1.7%上昇するとの計算で当地は16.5%アップ、同時期のアットホームの地価定点観測において、京王沿線で明大前がトップに躍り出た点と符合しています。

来街者の増加

平成13年のパトロール活動開始以来13年間に、明大前駅乗降客(乗換客含まず)が3万人弱増加し、年間1,000万人近い乗降客増加となりました。
この現象は、防犯パトロールによる安全安心の街づくりをテコに、明大前商店街振興組合が全力で努力した結果の賜物と自負しております。